<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「小澤征爾の教育ドキュメンタリ」のビデオ観賞会記録(7/17)

 140本のテープから凝縮したこの90分のドキュメンタリは小澤征爾の精神を触れ合う90分でした。また陽太郎さんから舞台裏の話や日本のクラシック音楽の歴史などを聞いて、とても勉強になりました。しかし、何といっても、普通に1万円以上出さないと聞けないオーケストラとオペラを素晴らしい音響で聴けて、本当に得した気分(^^)
 ビデオの中心であった小澤征爾の苦悩について、皆さんが深い議論をしました。その一部を披露します~

<ひとり子政策の後遺症>
姜姜:ひとり子ははやり自己中で、他の人が自分に合わせると思っている。だから演奏の時も他の人の音を聞かない。
田中:自己主張があった方が音楽に合っている。個人レベルが高いが、人には合わせられないのが問題。
陽太郎:小澤さんは大陸的な人。方向を示すときには細かくないが、技術に対して、細かいとこまでこだわる。パワーが有る人。彼はある年齢になって、後世に残す仕事をしたいと思うようになった。彼の望みは中国が自分のオペラやオーケストラを作れるような世界レベルになること。だから、78年文化革命後すぐ中国に行った。中国の音楽家たちは10年間音楽をできず、楽器がぼろぼろで、楽譜も書き写ししかなかった。でも、彼たちには凄くパワーがあった。また、94年に瀋陽へ地方のオーケストラで競演した。2005年は3度目の中国での指揮。でも、そこで感じたのは、今の若い人は、何でも簡単に手に入れられるが、逆にパワーがないということ。
田中:ジダンたちのように、小さいごろからハングリー精神がないからだ。
陽太郎:ハングリー精神は違うところで依然としてある。いま、大学卒業生が多くなり、競争が激しい。
姜姜:中国の子はハングリー精神を見せるのは下手。謙虚な態度が取れない。人の見えないところで努力するのが格好いいと思っている。

<音楽とキリスト教の関係>
:小澤征爾はクリスチャン?
陽太郎:お母さんはクリスチャン。家でお母さんと兄弟4人と賛美歌を歌ったそうだ。ヨーロッパでは、音楽に対してハーモニーを重視する傾向がある。代表的なのは教会音楽。教会のオルガン演奏家であったバッハは西洋音楽の原点でもあった。東洋ではメロディが重視される傾向があるが、東洋人が西洋音楽を理解するのは大変難しいかった。
:中国の若い演奏者たちがオーケストラで上手く演奏できなかったのは、オーケストラの経験が少なかったことが大きな原因の一つと思う。日本では、高質なクラシック音楽市場があるが、中国はまだまだ未熟だ。
田中:演奏者はよい耳を持ったお客さんに育てられる。これから、お客さんをどう作るかも中国の課題だ。

<基礎知識>
斎藤秀雄:小澤征爾の師匠。小澤征爾の音楽に絶大な影響を与えた人。斉藤秀雄のお父さんは江戸時代の英語教育家。裕福の家庭で生まれ、小さいごろからチェロを習った。その後ドイツへ留学、戦後日本に戻ってから、自宅で音楽教室を開き、オーケストラをはじめた。とても厳しい性格で、リハサルに1人でも来なかったら、そのまま解散したそう。その時の生徒たちは現在世界的に活躍している。

<会場風景>
b0060903_0461263.jpg
b0060903_0461997.jpg


---written by Lucy
[PR]
by chinasalon | 2006-07-22 00:49 | 授業記録

授業記録(7/8)

参加:
 周さん、姜姜
 今井さん、大亨、市村、小和

今回は作文を中心に。
でも、後半はどんどん話が脱線していきましたね。

■ 作文テーマ:最难忘的人

(小和)
去年五月,我去北海道旅游。
在小樽运河的河边上,我发现了一个提供令人吃惊的服务的小摊儿。
小摊贩用一般的圆珠笔在一个微小的米粒上写客人的名字。
那个东西的价格比较贵,是二千日元左右。
我想看别人买这个东西,等了一会儿,但没有人买。
我决定自己买这个东西。小摊贩一听我希望写名字就开始写。
他不用特别工具,只用他左手抓住米粒,用他右手握圆珠笔,
好像在笔记本上写文字那样很容易地写。
他说反复练习后,一个米粒看起来就会变大。
我回家以后,反复练习,但怎么也写不好。
他说的话,难以相信。

   米粒に名前を書く職人芸。
   なかなか、真似はできません。

(今井さん)
我最难忘的人是比尔盖次。
我上大学的时候,在ASCII打工。
当时,ASCII是微软公司的远东本部。
为了制造宣传录像,比尔盖次来到日本。
我和他谈关于恐龙的话题。
他是个身材瘦小,很害羞的人。

   比尔盖次、そう、Bill Gatesです。まさに难忘的人ですね。
   微软公司は、マイクロソフトのこと。(そのまま)
   恐竜をパソコン(MSX)で再現するというテーマで話をされたそうです。
   でも、当時(約20年前)のGetesの印象は、オタクそのものとか。
   ちなみに、オタクは中国語での呼び名はあるのでしょうか?
   台湾では、“御宅族”というそのままの呼び方もあるみたいです。
   サロン後調べてみたところ、一番近いのは“动漫族”という表現でした。
   でも、それよりもOTAKUと書いたほうが通じるのかもしれません。
   <参考> http://q.hatena.ne.jp/1152371370

(大亨)
当记者的时候,我要去采访一个特别奇怪的人。
他有一百条狗。
我先打电话,约定采访的时间。
我和摄影师一起去他家。
这里真有很多狗,我不能进去。
・・・

   犬が大嫌いな大亨。
   でも、この後ちゃんとインタビューして、
   その記事は1面に載り、奨励賞(?)までもらったそうですよ。
   
(市村)
在四川大学,我碰到很奇怪的老师。
他是个国语老师,脸很可怕,但心地很善良。
他学了气功,有时给我们表演。
他用香烟擦自己的皮肤。
・・・
他说,只要想做就没有不可能的事情。

   かっこいい先生の登場です!?
   最後の台詞、いいですよね。

■その他

気功の話から、なぜかスプーン曲げへと話題は広がりました。
小和が高校時代に見に行った、長崎の超能力喫茶とか。
みんなでしゃべってると、すかさず大亨がパソコンで検索してくれて、
検索結果をサロン掲示板にupしてくれました。
http://bbs1.whocares.jp/bb/u/chinasal/
今後は、サロンに来れない人でも、
掲示板見てたら遠隔で参加できるかもしれませんね??

あと、名前の話もしましたね。
中国では、18歳までは、自分の名前を変えられるんですね。
日本と制度が違うことも結構ありますね。

■ 次回サロン

7月22日(土)の予定ですが、
講師陣の都合が微妙です。また、連絡します。

 次回サロンの作文テーマは、
   我的梦想
 です。(サロン後に、周さんと決めました)
短くていいので、できれば何か書いてきてくださいね。

---written by 小和
[PR]
by chinasalon | 2006-07-10 00:52 | 授業記録